物流システムの中での商品の保管と配送

ブドウや桃などの生鮮果物類の配送は真夏の暑い時でもクール便でなくて通常便で保管してもらうこと

ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

生鮮果物類の配送の保管はクール便を利用しないこと

荷物の発送や受け取りの場合にはどこかの運送業者に依頼することになります。その運送業者の中には得意あるいは不得意分野の業者もあるのですが、生鮮食料品を発送する場合にはできるだけそれに適した業者を選んで手配して配送してもらうようにします。最近では荷物の保管状況がどうなっているのか荷物にタグなどがついていたりなどしてインターネットで業者のサイトにアクセスしたら自分の荷物が今どこでどんな状況なのかを一目で把握できるようになりましたのである意味では便利な時代になりました。

さてその荷物の配送と保管で注意をしておかないとならないのは真夏の一番暑いときに生鮮食料品を発送する場合であります。その生鮮食料品で特に注意をしないとならないのはいわゆる果物類であります。たとえばブドウやモモなどはデリケートな品種ではありますので多くの購入者は傷みやすいのを何とかしたいという思いでクール便を利用した傾向にあります。しかしそれはやってはならないのであります。なぜかというとクール便で配送してもらうと、保管する場所が低気温なので糖度が増すことなく到着してしまっておいしさを増やすことができないのです。なので1日で到着するくらいの範囲ならば果物類は暑くて心配なのですが通常便で送らないとならないのです。

今から調べましょう