物流システムの中での商品の保管と配送

配送センターにおける保管業務の割合は、多品種少量生産の傾向のため、業務における割合は減少しています。

ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

配送センターにおける保管業務の割合の減少

配送センターの業務の中で保管という業務は、決して完全に無くなっているわけではないですが、一昔前の倉庫と言われた時代と比べて、業務の中における比率は少なくなりました。現在は仕分けや検品、あるいは流通加工といったものが、物流センターの業務において比率を増しています。

フォークリフトで運ぶように、パレットに荷物を積んで貯えているような倉庫がない訳ではありません。しかし、そういった倉庫は在庫しておくことを主眼としているのではなく、あくまでも加工のための材料として保管しているわけで、その後の加工が業務の中で主な割合を占めています。代表的な例が衣料品です。衣料品の値段のタグ付やシール貼等の軽作業を行うために、センターが活用されています。また、荷物をセンターに受け取ったらずっと保存しておくのではなく、その中で仕分けをしてその日のうちに出荷するというケースもあります。上記のように在庫の保管が業務の中で減少した背景には、やはり消費者ニーズの多様化で多品種少量生産になったこと、が挙げられます。昔のように大量生産大量消費の時代が終り、必要なものを必要なだけ生産、供給するという考え方が広まったため、配送センターの業務における保管の割合は減少したのだと思われます。