物流システムの中での商品の保管と配送

インターネットの時代ですので通販を利用して商品を購入しますが配送業者が配達で不在でも営業所で保管されます。

ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

商品の購入で不在の場合は配送業者の営業所で保管されています

配送は運送業者を言いますが全国をネットワークにしている大手運送業者を言いますが我が国では2〜3社あります。全国をネットワークにしている事から客のニーズに応える事が出来ます。また全国の営業拠点を生かして全国で遅くとも1週間以内に商品などが届けられるようになっています。その体制作りはインターネットの普及により大手運送業者が時代の要求に対応したことになります。そのような事からインターネットを利用した生活用品や雑貨などのショッピングが出来るようになり便利になりました。

インターネットで購入するには登録と個人情報を済ませれば、その日からショッピングが出来ます。個人情報の登録の意味は商品を届ける住所が大切ですので当然のことですが届けなければなりません。あるウェブサイトで商品を購入しますと自宅や事務所まで商品が届けられるようになっていますが自宅では不在の時があることです。その場合、配達人は不在票をポストに投函して自社の営業所に持ち帰り保管し、指定の電話連絡をするようにしていますので電話をしますと再度、配達されるという仕組みになっています。商品が生物以外ですと不在でも問題が起こりませんが商品が腐敗する物ですと配達先の家庭の責任になることになっていますので生物の場合は期日を指定する、あるいは在宅する事が大事です。

今から調べましょう