物流システムの中での商品の保管と配送

魚介類をい配送したいときの保管方法を4つ挙げ、初心者には向かない方法についてはリスクも併記しました。

ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

鮮魚の配送と保管方法あれこれ

旅行先などで見つけた新鮮な魚介類。これをもって帰ってお家で食べたい!と思ったことはありませんか?その時に調度クーラーボックスや氷を持っていたら良いものの、釣りでも無い限り旅行先に持って行きませんよね。そんな時に覚えておきたい、魚介類の配送とお家に着いてからの保管についてご紹介したいと思います。

まず発砲スチロールに氷と魚を入れ、中の温度を0〜5℃に保ちます。0℃以下だと、氷同士がくっついて魚に接触せず、逆に魚が悪くなってしまいます。この状態で保管できるのは低温でも増殖する細菌がある為でせいぜい2日までとなります。ゆえに遠方から配送する場合は冷凍するか、二酸化炭素ガスを充填させた容器で送る必要があります。

また、「活魚」として5〜10℃にして死後硬直しないようにして保管する方法もありますが、一時的とはいえ10℃まで温度を上げると細菌が増えやすくなり、この方法で保管して調理する場合すぐに消費することと最新の注意が必要です。食中毒の症例も多いので気をつけましょう。水産品の加工や流通についてはHACCPという資格を取得している企業も多いので、事前に調べておくのも良いでしょう。これからの秋の味覚のシーズン、行楽地で美味しいものを食べたらお家でも楽しみたいもの。さらに今は保管技術も発達してるのでお取り寄せでも新鮮なものが食べられますよね。美味しい秋の味覚を存分に楽しみましょう!

今から調べましょう