物流システムの中での商品の保管と配送

私の会社では、物流コスト削減のため、配送料や保管料の削減に努めています。方針について記載します。

ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花

配送料や保管料の削減について

私の会社では、営業利益を少しでも確保するため、物流コスト削減に積極的に取り組んでいます。最近では、営業部でかかった運賃や保管料が提出されるようになり、各営業担当が毎月少しでも、物流コストを抑えるように努力しています。私の会社は製造業で、生産した製品をお客さんのところへ、トラックを使用して運んでいます。お客さんのところに運ぶ際には、少しでも運賃を削減するため、配送トラックは一番大きいものを使用できるように、お客さんからできるだけまとめて受注をもらうようにし、お客さんとの納期や荷受けの状態を調整します。配送経路については、二次輸送にならないように、直送でいけるように工場で物流会社と交渉しています。

運送形態以外にも、保管料を削減するために、社内の在庫はできるだけ削減するようにしています。特に営業は、受注をもらう際には、売れ筋の在庫品以外はできるだけ受注生産を行うようにしています。受注生産で一括でお客さんへ納入することにより、在庫をできるだけ持たない販売形態をとるようにしています。販売数量が少なく、生産ロットにならない製品については、取引先の商社や、販売代理店に在庫をもってもらい、ユーザーへ製品を供給するようにしています。

今から調べましょう